EMA HOUSE 

低予算で希望を全て詰め込んだ注文住宅を建てるためのブログ

浴槽ドアは、2枚折れ?スイング?【我が家が選んだのは⁉ コストアップ額も紹介します】

どうも!!

低予算でオシャレな家を建てるべく日々勉強しているEMAです(^^♪

 

これから、家を建てる人!!我が家の検討内容をこれからもどんどん配信しますので、参考にして頂けたら凄く嬉しいです。

 

f:id:emacha:20210317220926p:plain



今日は、お風呂のドアについてです。

 

標準仕様から変更したので、いくら値段が上がったのかをお話させて頂きます。

 

あまり気にしている人はいないかもしれませんが、我が家は凄く重要視したところであります。

皆さん、お風呂のドアはどうしましたか?

ハウスメーカーの標準仕様では、2枚折りドアになっていると思います。

(大手ハウスメーカーやデザイナー住宅は違うかもしれません)

 

それでは、ドアの種類を説明します。

f:id:emacha:20210224231639p:plain

2枚折りドア

アパートやホテルなどでよく見るドアですね。真ん中で折れて開閉ができるドアです。省スペースで設置できるため、1坪ほどの面積の少ない風呂には最適なドアかもしれません。

 

スイングドア(開き戸)

建具のドアみたく、そのままスイングして開けれるドアとなります。2枚折れと違い、ドアを開けるスペースが必要となるため、1坪のお風呂だと、浴室洗い場の半分くらいの面積が可動域となります。

 

片引き戸

横にスライドするタイプのドアです。ドアを収納するスペースが必要となりますので、最も面積が必要なドアとなります。

 

我が家が選択したドアは!?

我が家は、スイングドアを選択しました。

理由を説明しますと、

標準仕様の2枚折れドアでは、部品点数が多い(稼働部が多い)ので、必然的にパッキンの部分が増えます。パッキンが多いことによるデメリットは、掃除が大変ということです。掃除のしやすさからスイングを選んだのが一つ目の理由になります。

 

2枚折れ戸は、浴室に向かってくの字に折れ曲がります。

浴室側の掃除は、問題無くできますが、脱衣部の掃除は、ドアを外さないとできないというデメリットがあります。

f:id:emacha:20210224231721p:plain

賃貸時代からこの2枚折れドアの掃除が本当に嫌だったため、我が家は、スイングドア一択でした。

 

因みにスイングドアにもデメリットはあります。

まず、コストアップと、浴槽で倒れた場合にドアが開けれなくなることです。

スイングドアは、洗い場の半分くらいまで稼働域が必要です。浴槽で倒れた場合は、問題ありませんが、洗い場だとドアを開けることができません。高齢者がいる家庭には、不向きと言えるでしょう。

しかし、スイングドアが絶対ダメではありません!!

最近は、ヒートショックなどでお風呂で倒れる人もたくさんいらっしゃいます。スイングドアもこのような状況に対応できるように、簡単に取り外しができるようになっています。

取り外し方は、住宅引き渡し時にメーカーの人に聞いて、よく確認しておくといいかもしれません。我が家も引き渡し時に説明を良く聞いて、家族で方法を共有しようと思います。

 

コストアップ価格は?

我が家の工務店さんの場合は、『23,000円』のコストアップとなりました。

2枚折れドアより、若干のコストアップとなりましたが、その後の快適度を考えたら安い買い物だったと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければ、👇クリックお願いします👇

やる気アップします(#^.^#)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村