EMA HOUSE 

低予算で希望を全て詰め込んだ注文住宅を建てるためのブログ

【コストダウン案件】2階トイレは必要なのか?我が家の費用と追加時のポイントを紹介します。

どうも!!

低予算でオシャレな家を建てるべく日々勉強している慎重派EMAです(^^♪

 

2階のトイレを削減するとコストダウンになりますが、無かったら困りますよね?

 

今回の記事では、2階トイレについて考えたいと思います。

 

f:id:emacha:20210414230824p:plain

◆この記事は、こんな人にオススメです◆
✔ コストダウンネタを探してる人
✔ 2階トイレをやめようか迷っている人
✔ 2階トイレの費用を参考にしたい人

 

2階のトイレを削減すると結構なコストダウンになります。しかし、デメリットもたくさんあります。家族構成を考えてトイレ削減については、慎重に決めるようにした方がいいです。

 

 

 それでは、削減するメリットから順に説明していきます。

 

2階にトイレを設置するメリット

トイレ渋滞が起きない

家族が多いとトイレのタイミングが重なってしまって、大変です。特に我が家のように女子に囲まれているお父さん!落ち着いてトイレできません。家族が多い場合は、2つは必要となるでしょう。

f:id:emacha:20210414231918j:plain

来客が来ても安心

お客さんが遊びに来たり、宿泊に来たりしたときでも、2階にトイレがあると、落ち着いて用を足すことができます。

 

夜中でもすぐ近くのトイレを利用できる

夜中にトイレで目が覚めても、2階にトイレがあるとすぐに利用することができます。真冬の寒い時に1階まで移動するのは、嫌ですよね。

 

子育て中は2つ必要

トイレを覚えたばかりの子供は、我慢ができません。一つしか無い場合は、漏らしてしまう可能性もあります。でも二つあれば安心ですよね。

 

故障しても安心

トイレが故障してしまっても、2つあると安心です。夜の場合などは、なかなか修理にきてくれませんが、もう片方のトイレを使うことで、イライラせずトイレができます。

f:id:emacha:20210414232021j:plain

 

次に2階トイレのデメリットを紹介していきます。

2階にトイレを設置するデメリット

間取りを圧迫

標準のトイレで1畳ほどを使用します。どこにトイレを持ってくるかで、間取りを考えないといけません。トイレによっては、部屋が狭くなる等の弊害が出てきます。また、階段の近くに設置する場合は、転落にも注意が必要です。

 

トイレの排水音が気になる

2階は、主に寝室が多い階層となります。夜中にトイレの水を流す音など、隣の部屋に響いたりします。また、2階だけでなく1階にも音は響いてしまうデメリットもあります。

 

掃除やメンテナンスが2箇所必要

トイレが2つになることで、掃除の手間や、メンテナンスの費用が2倍になります。既に2つのトイレがある人は、気になりませんが、賃貸などでトイレが1つの住まいから引っ越しした人は、掃除がめんどくさくなりますね。また、故障するリスク、金額も2倍になりますので、ランニングコストを考える人は、一つの方が無難です。

f:id:emacha:20210414231958j:plain

オプション料金がアップ

一番のデメリットが費用アップです。我が家の場合は、家族が5人と多いので2階トイレは追加しました。追加費用は、以下となります。

 

・契約した工務店の場合

追加料金:240,000円

パナソニック製 アラウーノVリミテッド(配管、配線、取付工事込み)

 

・ローコスト住宅の場合(イエテラス)

追加料金:185,000円

種類忘れてしまいました(配管、配線、取付工事込み)

 

まとめ

 2階のトイレは、家族が多い場合や、来客が多い場合は、メリットがたくさんあります。新築する方は、子供ができてアパートでは、狭くなったのでという理由の方もいれば、これから子供ができる前に建ててしまうって方もいると思います。家族が少ない場合は、トイレが一つでも問題ありません。しかし、4人以上の家族になるとトイレが重なることも多くなるので、追加費用20万を払ってでも付けたいですね。

 

ポイント!こんな人は追加の検討を ・居住家族が多い人
・落ち着いてトイレをしたい人
・掃除手間が増えるより、夜中に1階に降りる方が、苦である人
・間取り圧迫なんて関係ないくらい大きな家の人

こんな人は、是非!!追加の検討をしましょう。

では、最後に追加する上で注意しておく項目だけ書いておきます。 

 

ポイント!追加時に注意すること ・階段のすぐ横はできるだけ避けること
・トイレ下には寝室などを配置しないこと
・水圧が弱くなりがちなのでタンクを検討すること
・スペースがない場合は、引き戸も検討すること

 

 コストダウンとなる2階トイレについて、書かせて頂きました。完成後の追加する場合は、50万以上のリフォーム費用が発生しますし、トイレを想定していないため、間取りの変更が困難になります。後から追加は厳しいので、間取り検討時に設計士と相談をするようにしましょう。

 

合わせて読みたい記事

 

★コストダウン

廊下を削減する場合の効果と注意点【建築費コストダウン】 - EMA HOUSE

建築費コストダウン【子供部屋の収納扉を削減するメリットとは?】 - EMA HOUSE

間取り検討【2階お風呂って建築コスト下がるの!?我が家の建築費用を公開します】 - EMA HOUSE

 

★住みやすい家づくり

今話題のパントリーとは?【必要な人はどんな人?付けるメリットを解説】 - EMA HOUSE

誰でも簡単にDIYで間接照明ができる方法【事前にメーカーに伝えておくこと】 - EMA HOUSE

オシャレだからダウンライトを採用!ではダメっ!!【デメリットよく理解して採用すること】 - EMA HOUSE

 

まだ、ハウスメーカー工務店が決まっていない人

 

まず第一歩として、『タウンライフ家づくり』を使ってみましょう。

タウンライフ家づくりとは、国内600社以上のハウスメーカーが参加している一括見積と間取りを貰えるサイトです。毎月5,000人以上の人が利用しており、無料で土地紹介~見積りまで一括で行ってくれます。

まだ、ハウスメーカーが決まっていない方は、住宅展示場に行く前に一度、各社の値段や特徴を把握してからいくようにすると効率よく家づくりができます。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければ、👇クリックお願いします👇

やる気アップします(#^.^#)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村